女性の脱毛症

基本的に女性は薄毛になりにくい印象かも知れませんが、日常生活に薄毛になる原因はいろいろと潜んでいるものです。万が一に備えてもう一度自分の生活を見直して脱毛症の原因をなくしましょう。

女性の脱毛症

髪をまとめる人は注意、牽引性脱毛症

薄毛や抜け毛が気になるという脱毛症のなかには、女性に特有のものもいくつかみられます。たとえば、出産後のホルモンバランスの変化が引き金となって抜け毛が増える分娩後脱毛症とよばれるものがありますが、そのほかにも注目されるのが、最近の若い女性に多くみられがちな牽引性脱毛症というものです。
この牽引性脱毛症の「牽引」というのは、わかりやすく言い換えれば「引っ張る」という意味にほかなりません。女性の場合、ヘアスタイルはたいへん多彩ですが、そのなかにはお団子ヘアやポニーテール、ツインテールのように、髪をゴムでしばって一か所にまとめるというものがみられます。さらに複雑になると、程度はまったく違いますが、三つ編みやドレッドヘアのように、髪の毛の束を編みこんでいくというスタイルもあります。
こうしたヘアスタイルをつくる際には、髪の毛を強くひっぱって固定することになりますので、根元の頭皮にはかなりのダメージが及んでいます。そうしたダメージが長い期間にわたって積み重ねられたことが原因となったのが牽引性脱毛症であり、引っ張られていた髪の分け目や生え際などの地肌があらわになるほど髪の量が薄くなり、たいへん見苦しいものです。
このような場合、基本的にはヘアスタイルを他のものに変えるなどして頭皮に負担がかからないようにするとともに、地肌をていねいにマッサージしたり、あるいはブラッシングをしたりして、頭皮の血行を促進することが効果的とされています。たとえば男性ホルモンの過剰分泌が原因となっている男性型脱毛症などのように、医薬品を投与すればそれが原因の除去につながるというものではないため、本人の地道な心がけのほうがたいせつとなってきます。